2010年07月30日

そらっちの作った音楽が演奏されるよ

8月13日に音楽楽器店が主催する演奏会があります。

その演奏会で子どもたちが作った音楽が演奏されるというコンテストがあり、そらっちも頑張って音楽を作って応募しました。

そして見事そらっちの作品が演奏されることに決まりました!

毎朝一生懸命ピアノの練習をしているそらっち。秋には初めて自身の演奏会にも参加する予定とのこと。

そらっちの作った音楽を聞くのも楽しみですし、そらっちの秋の演奏会も今から楽しみです。
posted by Serendipity at 00:11| 千葉 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 育児 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Titleist ProV1

前回のラウンドからタイトリストのProV1を使い始めました。

以前一度使ったことがありましたが、飛んで止まるという実感を持てませんでした。

でも、前回の富士見高原ゴルフコースでのラウンドでは、ドライバーでは非常に柔らかい打感が気持ちよくて、飛距離も出ていた気がしました。また、アプローチでは確かにスピンが効いていたと思います。

少しはゴルフがうまくなったのでしょうか???

やはりプロゴルファーから絶大な支持を得ているだけのことはありますね。





posted by Serendipity at 00:05| 千葉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ゴルフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月29日

苦しい時こそ楽しんで取り組む

今日、グリーンの教えというゴルフ番組を見ました。

ツムラの顧問である風間八左衛門さんがゲストで出ていて、「苦しい時こそ楽しんで(仕事に)取り組むことが必要」ということをおっしゃっていました。

ほんとにその通りだなぁ、と思いました。どうせやるなら楽しんでやったほうがいい結果につながるに決まっていますよね。

順風満帆なときばかりではないのは、ゴルフも一緒だという趣旨のこともおっしゃっておられて、強く共感しました。

ナイスショットのあとにミスショットで途端に苦境に陥ることが容易にあるのがゴルフ。それでも、その状況を楽しめれば、きっと大崩れしないゴルフができるんやろうな、と思いました。

経営理念である3S:Slim、Speedy、Simpleはゴルフにも通じるそうです。ゴルフについては分かる気がします。

posted by Serendipity at 21:15| 千葉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ゴルフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月20日

そらっちの手料理

昨日、そらっちがおもむろに「パパ、最近ママのお手伝いしてる?」と訪ねてきました。

「え、してるよ。お掃除とか。。。」と言い淀んでいると、「お料理はお手伝いしている?」と何か含みがありそうな発言が。。。

その後の夕食で登場したのが、そらっちがつくってくれたきゅうりもみでした。なるほど、自分がお手伝いしたのをアピールしたかったのね♪

早速頂きましたが、親ばかですが、とてもおいしくできていました。

そらっちも明日から夏休み。小学生になったとおもったら、あっという間に一学期が終了、ではないらくし、2学期制なので、一学期はまだ終わっていないとのことですが、いずれにしても元気に夏休みを迎えました。

夏休みが終わったら、また背も伸びて大きくなってるんでしょうね。この夏休みに、いろんな思い出を作ってあげたいものです。
posted by Serendipity at 19:22| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 育児 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月19日

タイトリスト ボーケイTVD

僕はウェッジを52度、56度、60度の3本を入れていますが、今はすべてタイトリストのTVDで統一しています。

デザインがカッコイイというのが見た目から入る僕には最初の魅力ではありました。。。

でも、使ってみるとやっぱりいいです。

56度のウェッジはバンスが12度と大きめになっていて、僕にとってはバンカーでの必須アイテムになっています。難しいことを考える必要はなく、ボールの下に引いてある千円札をさっくりとすくい取るイメージで打っていくと、簡単にバンカーから脱出することができます。バウンスが効いて、砂を爆発させることができるので、迷いが消えました。

52度は50ヤード以内のアプローチで威力を発揮します。目線を上げずにしっかりとボールにコンタクトをすることを意識して転がして寄せるのには、最適なウェッジです。今まで使っていたオールニューゼクシオのAWも名器ですが、タイトリスト ボーケイTVDに替えてからフェースコントロールがより自然に行えるようになりました。先日、イーグルレイクでプレーした際にも、左足上がりの難しい斜面からのアプローチでも上げようとせずに52度でしっかりと転がしていって、ピンに絡むアプローチが打てました。また、少し開いて打てば、しっかりと止まるボールも打てるので、今のところアプローチはこのクラブでカバーしています。

60度は使いこなすが難しいですが、どうしてもロブショットを打たないといけない局面では手にする一本です。

いろんなウェッジが世の中にはありますが、デザイン、機能性いずれにおいてもタイトリスト ボーケイTVDは秀逸です。





posted by Serendipity at 21:34| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ゴルフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

7/19のゴルフ練習のメモ

@サンランド船橋

<スイング全般>
インパクトを意識せずにしっかりフォローを取るスイングを意識することがナイスショットの一番のポイント

アドレスで迷った時には一度アドレスをやり直すことが必要

高いトップを意識すると、そこからアウトサイドイン軌道のスイングになりがち。ダウンスイングで右わきをしめて、インサイドからクラブを下してくることが大切

1分かけてゆっくりとスイング軌道を確認するスイングを行うことが効果的

テークバックで右ひざでしっかりと力をためて、トップをコンパクトに保つことが大切。右ひざがトップでながれるとスイングが崩れる

サンランド船橋

サンランドのボールは古くて打球がぶれますね。高いボール代を取るのに、あれだけ古いボールを出されると、文句のひとつも言いたくなります。

せっかくきれいになったのに残念と言わざるを得ないですね。

船橋近辺だと、やっぱり丸山ゴルフセンターが一番ですかね。
posted by Serendipity at 20:20| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ゴルフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ゴルフ全英オープン2010

ゴルフ全英オープン2010はOOSTHUIZENが16アンダーで圧勝でしたね。2位に6打差という完勝です。

石川遼選手は最終日2アンダーの70出回り、通算2アンダーの27位タイとなりました。大健闘だと思います。来年の更なる飛躍に期待が集まりますね。

セントアンドリュース3連覇がかかっていたタイガーウッズはトータル3アンダーの23位タイにとどまりました。プライベートはともかくとして、タイガーの神がかり的なゴルフが復活して欲しいものです。

いつかセントアンドリュースでプレーしてみたいものです。それまで腕を磨いておかないと。。。
posted by Serendipity at 13:25| 千葉 | Comment(0) | TrackBack(0) | ゴルフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月18日

マッコリ・ブーム再到来

最近、僕の中でマッコリ・ブームが再到来です。

近所のスーパーで草家マッコリがビンで販売されているのですが、いつも入荷は4本。そのほとんどを我が家が消費しているのではないか、という状況です。スーパーのPOS Dataを歪めている可能性がありますね(笑)。

すっきりと飲みやすいのがお気に入りのポイントです。もちろん焼肉屋さんこってりカルビを食べながら頂くのが一番ですね。

Wikiによると、”マッコリ(막걸리)とは、韓国の大衆向け醸造酒の一つ。日本のどぶろくに相当する。仮名表記では、マッカリ、マッコルリとも書く。マッコリには強い甘味がある。これは麹により糖化された米の甘味である。微かな酸味と炭酸発泡の味がする。醗酵の進み過ぎたマッコリは酸味と炭酸が強烈になる。アルコール度数は6〜8%(ビール程度)である”とのことです。

程よく酔っ払いますが、ビール程度のアルコール度数なんですね。知りませんでした。





posted by Serendipity at 17:25| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | おいしいもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ティーショット時のティーの高さ 第二弾

今までずっとPut teeの青色を使ってティーショットをしてきました。ティーの高さとしてはちょっと高いのかなぁって思いながらも、春先までは好調だったので、とくに深く考えずに使ってきました。

練習でもPut Teeを使って練習していたのですが、GWぐらいからどうも引っ掛け+テンプラが多くなり、ドライバーのスイングが崩れていました。

FWまで連続した流れでスイングを作ってきましたが、どうしてもドライバーだけ特別な打ち方になっていた気がします。

もちろんFWまでは地面にボールを置いて打つことを主眼としており、ドライバーは明確にティーアップして打つクラブなので違いがあって当然と言えば当然かもしれませんが。。。他方、僕はなんとかずべてのクラブで一貫した流れを持っておきたいと思っていました。

その意味で、今まで幾度かドライバーの調子が崩れたことがありましたが、ドライバー専用のスイングを微調整し、FWまでのスイングに徐々に近づけることで微調整をしてきた気がします。

青のPut Teeを使っていたときは、ボールを横から払い打つ感じで打っていました。上手くいっていたときは、特段スイングについて意識をするポイントを持っていなかったのですが、いったん崩れ出すと、FWまでのスイングの流れもリズムを崩していました。

そこで思い切って、ティーの高さを下げて、ドライバーをソールしたときにボールの1/4から1/3が見えるぐらいの高さにして、アドレスではソールをせずに、ドライバーのフェースの真ん中にボールが来るように構えて、FWまでと同じようにスイングすることにしました。

結果として、ドライバーのヒール側の極端に上の方にボールがあたって、左方向へ高く飛び出すミスは撲滅できました。そもそもその位置でボールを打つことが物理的にできないわけですが。。。

上記のミスを撲滅できたことで、左へのアンコントローラブルなミスを気にする必要がなくなり、結果としてきっちりとしたスイングをドライバーでもできるようになり、しっかりとつかまった厚いインパクトが継続的に実現できるようになりました。自然とドローボールが打てるようになったのが大きな成果だと思います。

ベースをドローにおいて難しいことを考えずに、しっかりとスイングをすることにしばらくは集中すべきですね。

青のPut Teeを使っていたころのナイスショットよりは飛距離はおそらく落ちているのだと思いますが、平均飛距離は確実にティーを低くした方が上がっていると思います。

ちなみに練習場で置かれているゴムティーでいうと、僕にはLサイズが一番なっているようです。

早速、ラウンドで使用するティーも購入しました。久しぶりにティーグラウンドでティーを刺さなければいけないのですね。。。

posted by Serendipity at 16:59| 千葉 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | ゴルフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ゴルフ全英オープン3日目

石川遼選手はトータルでイーブンパーまで後退ですね。初日の貯金があったので、なんとか41位タイにとどまっていますが、最終日での活躍に期待したいところです。

2日目、3日目と風が吹き荒れ、リンクスらしい状況となり各選手スコアメイクに苦しんでいるようです。

そんな中でも、ルイ・オイストハイセン(南ア)が65、67、69でトータル15アンダーで単独トップに立っています。

タイガーウッズも3アンダーの18位タイにとどまっており、セントアンドリュース3連覇は厳しいと言わざるを得ないですが、最終日の猛チャージに期待しています。

いよいよ最終日ですね。
posted by Serendipity at 12:11| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ゴルフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2005ブルゴーニュ 2005ボルドー ルイ・ロデレール 日比谷花壇 フラワーギフト 花のあるギフトセット アフィリエイトならリンクシェア JAL日本航空 先得

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。