2011年09月28日

PINGスコッツデール アンサー2

PINGのスコッツデール アンサー2はとてもいいパターです。

打感はやわらかすぎることなく、適度にやわらかく、距離感が合いやすいです。また、デザインがかっこよく、構えやすいです。

量販店のパターを売っているグリーンの上で、ポコポコはいったので、思わず買ってしまいましたが、これは大当たりでした。

ピンタイプなのですが、結構まっすぐ引ける感じがします。まっすぐ引いて、まっすぐフォローまで打ちたい僕にとっては合っているように思います。

最近パット数が多いラウンドが続いていましたが、このパターで回ったときは、明らかに3-4ストロークはパット数が少ないです。

これをエースパターにすえてしばらく取り組みたいと思います。




posted by Serendipity at 13:34| 千葉 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | ゴルフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月27日

TourStage X-Draive GR Fubukiαシリーズ

FubukiにKシリーズが登場しましたが、僕個人的にはFubukiのαシリーズの大ファンです。

Fubukiαシリーズのドライバーがほしくて、TourStage X-Drive GRに乗り換えたのが去年の晩秋でしたが、それから飛距離がぐんぐん伸びました。

もちろん毎日続けてきた筋トレの成果もあると信じたいですが(笑)、Fubukiαシリーズの硬い印象があるなか、インパクトでしっかりしなってくれて、がっつりつかまるインパクトが実現できているのが大きいと思います。

ランバックスFの7F09をさした909D3を使っていましたが、その比較でいくと、20-30ヤードは違うと思います。もちろん、ランバックスFの7F09もいいシャフトですが、僕にはFubukiのほうがあっていたようです。

FubukiαとTuorStage X-Drive GRとの相性もばっちりだと思います。

飛距離を伸ばしたい方、捕まったボールを打ちたい方、ぜひ一度お試しください。





posted by Serendipity at 15:29| 千葉 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | ゴルフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月25日

9/25のゴルフ練習のメモ

@自宅

<パッティング>
パッティングではフォローをしっかりととる
フォローは低く長く取るイメージを持つとボールの転がりが安定する
ヘッドアップせずにボールのコンタクトをしっかりと見る
パットを握るときには、左手の薬指と小指でしっかり握って重さを感じる。
posted by Serendipity at 20:00| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ゴルフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

9/24のゴルフ練習のメモ

@富里ゴルフ倶楽部

<バンカーショット>
バンカーショットは、飛ばない構えをしっかりと作って、勇気をもってしっかりフォローまで振り切ることで、右肩が下がるミスが回避できる
小手先でクラブをコントロールしようとすると、右肩が下がってボールが上がらない

<アプローチ>
60度ウェッジでのアプローチはアドレスからトップまでの型を固めて、振り幅で調整すると距離感が合いやすい
posted by Serendipity at 19:33| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ゴルフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

服部真夕選手のパッティング練習

昨日、富里ゴルフ倶楽部で一緒にプレーいただいた方に教えていただいたのですが、服部真夕選手は1.5メートルのパッティングを50球続けて入れるまでパッティングの練習をしているそうです。

岡本綾子さんが師匠ということで厳しそう、、、と思いましたが、実際にやってみると10球、20球と続くたびにプレッシャーがかかってきて、いい練習になります。

漫然と打っていても、ラウンド時は漫然と打てる状況ではないので、あまり意味がないんだなぁ、と実感しました。

すっといくと20分ほどで終わりますが、手こずると結構時間がかかりそうです。

自分練習内容を振り返ってみても、パターの練習量が圧倒的に不足しているので、この1.5メートル x 50球連続の練習を取り入れてみたいと思います。

自信を育てるのは地道な練習しかないですからね。
posted by Serendipity at 09:21| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ゴルフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月24日

富里ゴルフ倶楽部でプレーしてきました

今日は富里ゴルフ倶楽部でプレーしてきました。

アウトスタートで始まったこの日の前半。

1番はドライバーを右に曲げてしまい、右ラフへ56度で狙える距離ながらも、ボールの下をくぐってしまい、大幅ショート。2パットでボギー。

2番ミドルホールは、ティーショットでフェアウェイをキープしながらも3オン2パットのボギー。

3番ミドルホールでは、ティーショットがロスとしてしまい、打ち直しへ。このホールでロストになることもあまりないのですが、残念。。。その後、バンカーにつかまり、脱出に手間取り上がると9打でした。。。

4番ショートホール。5番アイアンで打ったボールは左のがけへ。。。ここでもロストしてしまい、ダブルパー。。。流れが悪いです

5番ロングホールでは、ティーショットを曲げてしまい、フェアウェイ右のバンカーへ。きっちり脱出して、ボギーで通過。

6番ミドルホールでは、ティーショットは左ラフへ。52度でのセカンドはバンカーへ。それでもしっかりと寄せて、寄せワンでパーセーブ。ここは大きかったです。

7番ショートホール。9番アイアンでのティーショットはフラフラーっと右へ流れてしまい、バンカーへ。脱出に3打を要して上がってみると8打。。。

8番ロングホール。ティーショットは左のOBを意識しすぎて、右へ曲げてしまいました。池まではいかなかったものの、池手前のバンカーへ。バンカーからはきちんと脱出したものの、5番アイアンでの3打目が左へひっかかって左のがけ下へ。このミスが響いて9打。。。悪い流れを立ちきれずにズルズルときてしまいました。

前半ラストの9番ホール。ドライバーショットはフェアウェイをキープしたものの、9番でのセカンドはのせることができず、ボギー。

前半は57(17)というスコアでした。大たたきホールが多すぎました。

このままでは終われない、と挽回を期して臨んだ後半戦。

出だしの難しい10番ミドルでは、ティーショットは左ラフへいったものの、PWでしっかりのせてパーセーブ。
いいかたちでスタートできました。

11番では3Wでのティーショットはきっちりうててフェアウェイをキープし、56度でパーオン。
でも3パットしてしまい、ボギー。もったいない!

12番ショートホールでは8番アイアンでティーショット。
乗せることができませんでしたが、きっちり寄せてパーセーブ。よく踏ん張れたと思います。

13番ロングホール。ドライバーは左のOBを意識しすぎて、右の林の中へ。
7番アイアンで転がして出そうとするものの、ミスをしてしまい、ダブルボギー。

14番ミドルでは、悪い流れを断ち切ってパーセーブ。
ティーショットできっちりフェアウェイをキープできたのが大きいです。

15番のミドルホールでは、3Wできっちりフェアウェイをキープ。ここは1打目の重要性がお大きいだけにいいティーショットでした。
PWでしっかり乗せてパーセーブ。

16番ショートホール。すごいアゲインストだったので、5番アイアンをもってしっかりフルスイング。
グリーンをとらえてパー。

17番ミドルホール。5Wでしっかりと確実にティショット。しかし、アイアンショットでミスが出てしまい、ダブルボギー。

最終18番ロングホール。ティーショットは会心の当たりでフェアウェイど真ん中へ。
狙った3Wでのセカンドもいいところまで運べて、グリーン手前へ。56度でしっかり寄せて、バーディを狙いましたが、パーで終了。

後半は42(17)となりました。トータルでは99と100オーバーを回避。

前半苦しかった分をきちんとリカバリーできたのは大きかったです。

ゴルフダイジェスト・オンライン

posted by Serendipity at 22:53| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 家族 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月23日

お気に入りのレストラン 馬車道

近所の馬車道は、我が家ではお気に入りのレストランの一つです。

かつては和食レストランがあったと場所ですが、いつの間にかなくなってしまい、馬車道に生まれ変わりました。窯で焼くピザとボンゴレビアンコがおいしいです。

いつも同じメニューを頼んでしまいます(笑)。

子供たちもゆっくりできる雰囲気なのが僕たちにとっては一番ありがたいですけどね。
posted by Serendipity at 21:20| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | おいしいもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ミズノMP63アイアン

使いたいゴルフ用具の第一条件はやっぱりかっこいいこと。もちろん性能も気になりますが、構えていい球がでそう、と思えるのはかっこよくて気に入っているということが大前提のように思います。

その条件をばっちり満たしそうなのがミズノのMP63。シャープな顔とかっこいいデザイン。

上級者向けのイメージがありますが、試してみたいですね。





posted by Serendipity at 19:39| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ゴルフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

お手本となるスイング

先日、近所のゴルフ練習場で練習をしていたら、前の打席で練習をしている方に目が留まりました。

とにかくボールが曲がらない。でも、飛距離はきちんと出ている(女性の方でしたが、ドライバーでしっかりと200ヤード強は打たれていました。)

気づいた特徴はスイングリズムがまったく変わらないこと。大きなスイングアークで、フォローまでしっかりと一定のリズムで振り抜かれていました。

力感がまったくなく、宮里藍選手のようなスイングでした。

自分を顧みたとき、いいボールはいいリズムでスイングできたときに生まれていて、崩れ始めるときはスイングスピードが速くなり勝ちなことは以前から分かっていました。分かっていながら、明確な「スイングのイメージ」を打つ前に描いていなかったことが、本源的なミスの原因ではないか、とこの方のスイングをみていてはたと気づきました。

ボールを捕まえようとか、インパクトの瞬間にしっかりとリストターンしようとか、そういったパーツの動きではなくて、スイング全体のイメージを明確に持つことが大切ではないか、ということです。

きっちりとプレショットルーティーンの中に組み込んで、自分のものにしていきたいと思います。
posted by Serendipity at 14:06| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ゴルフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

9/23のゴルフ練習のメモ

@フォレストゴルフ

<ショートアイアン>
特にショートアイアンではしっかり顔を残すことでラインが出る

<スイング全般>
ゆったりとしたリズムでしっかり振り切ることだけを意識すればよい
インパクトの瞬間などのイメージを持つ必要はなく、しっかり振れれば勝手にボールがつかまってドローが打てる
アドレス前にゆったりとした大きなスイングのイメージを明確に持つことが大切
posted by Serendipity at 13:59| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ゴルフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2005ブルゴーニュ 2005ボルドー ルイ・ロデレール 日比谷花壇 フラワーギフト 花のあるギフトセット アフィリエイトならリンクシェア JAL日本航空 先得

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。