2013年12月25日

グリップから直してみましょう

今日は富里ゴルフ倶楽部でプレーしてきました。

ラウンド後、アプローチ練習場で練習をしていたところ、鶴見功樹ゴルフアカデミーの山田ティーチングプロがいらして、声をかけてくださいました。

その中で、ずっと悩んでいたショートアイアンの距離感が合わない点について相談をしてみました。
球がぼーんとあがって、10ヤードほどショートしてしまう、ということが続いてました。

この原因は、やはりグリップにありました。右手のグリップがフックグリップが強すぎるのは自分でも認識していましたが、やはり直さないといけないと決断しました。

教えていただいたグリップは以下のような手順で作ることができました
- 左手の親指に右手の生命線を合わせる
- 右手の手のひらで左手の親指をすっぽりと覆う
- 右手の人差指は鉄砲の引き金を引くような形でグリップを握る
- 結果として右手の小指と人差指でクラブを固定する形となる

私がこのグリップにしたときに、テークバックでフェースがどんどん開いていく感覚が気持ち悪くて打てなかったのですが、そこにも私のスイングの問題点が。。。インサイドに引きすぎている、という指摘をいただきました。手元は体から離さずにフェースを少し外に上げていくイメージのほうがストレート起動を作りやすい、とのことでした。私の場合、過度なフックグリップでインサイドに挙げすぎて、左に曲がらないように右へ振りぬく形となっていて、結果としてすくい打ちになっているのが距離感が合わない原因とのことでした。

これで打てるかな、と心配でしたが、打ってみるとストレートボールがばしばし打てました。今まではフェースをターンさせるイメージがほとんどなくて、フェースを開かないようにしてガツンと打ち込む、というイメージで振っていました。でも、実際に見てみると過度にインサイドに引いて、それをアウトサイドに振りぬく形になっていました。

アドバイスいただいたスイングでは、適度に開いていくフェースをしっかり閉じてくることをスイングの中で意識して、かつっといういい音のインパクトができるようになりました。

これは長いクラブ、ドライバーなどでも同じでしっかりとしたフェースローテーションを意識して行うことで、飛距離と方向性の両立ができるように思いました。

まだまだ修正には時間がかかでしょうが、少し光が見えてきた気がしました。根気強く取り組んでいきたいと思います。
posted by Serendipity at 17:28| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ゴルフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月15日

林修さんに興味津々です。

SWITCHインタビュー 達人達(たち)「林修×岩瀬大輔」をみて、林先生に興味津々となりました。「今でしょ!」という流行語の背景にあるプロと講師としての林先生の責任感について、深い感銘を受けました。

いろいろと書籍もあるようなので、年末年始の休暇に読んでみようかと思います。


posted by Serendipity at 20:27| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

美しい日本のゴルフコース―日本のゴルフ110年記念

伊集院静さんの「夢のゴルフコースへ」シリーズを何度も読んで、「日本のゴルフコースについて、歴史も含めて知りたいな」と思っていたので、この「美しい日本のゴルフコース―日本のゴルフ110年記念」が発売になったと知って、即注文です。

純粋に日本のゴルフの歴史と美しいゴルフ場についての知識を深めたいと思います。そうすることで、またゴルフがより一層好きになれそうです。


posted by Serendipity at 20:02| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ゴルフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

12/15のゴルフ練習のメモ

@アコーディアガーデン船橋

<アイアン>
- フォローで左手をまっすぐ伸ばした位置までフォロースルーをとることを意識すると方向性が安定する

<ドライバー>
- 強振すると方向性が落ちて、結果として平均飛距離も落ちる
- 8-9割程度の力でしっかりミートすることを心がける
posted by Serendipity at 17:58| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ゴルフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月14日

NEC LZ750H(NECのウルトラブック) お勧めできません

NEC LZ750H、当初購入した時には非常に満足度が高くて、「いい買い物をしたな」と思っていました。何より、その軽さはとても魅力的でした。

でも、その期待が裏切られたのは購入後8か月後ぐらいのころから。「バッテリーが劣化しています」というメッセージが表示されるようになり、購入後1年後弱にはバッテリーが充電できなくなり、アダプターを接続していないとパソコンが使えなくなりました。

バッテリー内臓ということで、修理にはNECの工場に送らなければならず、その間はパソコンが使えない状態に。。。しかも修理代に2万5千円強かかりました。

サポートデスクの方曰く、「同じような使い方をされると毎年趣里が必要な状況になる可能性が極めて高いです」とすごい自信でした(失笑)。

ということで、NECのウルトラブック(バッテリー内蔵型)は決してお勧めしません。

このこと自体は私のリサーチミスですが、同じ思いを他の方にしていただきたくないと思い、ブログに投稿をした次第です。
posted by Serendipity at 21:26| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン・ブログ・インターネット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月11日

Surface2(Windows8.1RT)を使ってみて気づいたこと

メインPCを修理に出したことをきっかけに、Surface2(Windows8.1RT)を投入しました。

その中で気づいたこと

1.Fumctionキー(F10など)がそのままでは使えない
通常のPCの使い方でのファンクションキーがそのままの状態では使えないことに気づきました。

僕の場合、Shift+F10で右クリックメニューを表示させるショートカットキーを多用していますが、これが使えなかったことがきっかけです。

これについては、Functionボタンと一緒に押すと使えることがわかりました。マイクロソフトのコミュニティサイトで質問したところ、すぐに回答いただけました。
ありがとうございました。

2.タッチパッドのスクロールが逆
これは今のPCの設定が全般的にそうなのかもしれませが、上にスクロールしたいときにはタッチパッドで下に動かさなければいけない、といった状態です。
これは左右でも同じです。

僕はやっぱり下に行くときは下に指を動かしたいので、困っていたら、これは設定で変更できました。

設定ボタン→右下の「PC設定の変更」→PCとデバイス→マウスとタッチパッド→「スクロールを逆にする」をオンにすればOK。

今後も気づいたことを投稿したいと思います。
posted by Serendipity at 09:55| 千葉 | Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン・ブログ・インターネット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月03日

爆速経営 新生ヤフーの500日

今朝、日経ビジネスオンラインの記事で、ヤフーの人事本部長の本間浩輔氏のインタビューを読んで、さっそく購入!


posted by Serendipity at 11:50| 千葉 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月02日

太平洋クラブ市原コースでプレーしてきました 技未熟

先週の土曜日に太平洋クラブ市原コースでプレーしてきました。

今回は2度目のラウンドでしたが、前回の記憶がほとんどなかったので、初めまして!という感じでした。

練習場は右奥に民家があるということで、ドライバーを打てない状況だったのが残念でした。

イン・コーススタートで始まったフロントナイン。

10番はいきなりロングホールでしたが、ドライバーショットを少し左へ曲げてしまい、ラフへ。それでも7番アイアンできっちりとショットできていいポジションからのセカンド。52度で狙った3rdショットは、フェアウェイをペロンとめくるショットとなってしまい、バンカーへ。バンカーからはきっちりうてたものの、若干ショートでパターで寄せて、2パットでダボ。52度でのミスショットがこの日のラウンドを決定づける要因になろうとは思いもよりませんでした。

11番は左ドッグレッグのミドルホール。ドライバーでのティーショットは思ったより左へ出たので、念のために打ち直しをして、2打目地点へ。そのとき思い出したのが、前回のラウンドではコースガイドに従ってフェアウェイに見える木をめがけて打ったら、ナイスショットだったものの突き抜けてOBとなってしまったことを。。。今回は結果としては左目に出ていたので超ロングドライブとなっていいポジションからのセカンドとなりました。でも、ここでも52度でのセカンドで、フェアウェイがペロンとめくれるショットに。。。なんか変だぞ、、、この感じは北海道の洋芝では。。。

12番ショートホールでは、9番アイアンでのティーショットはナイスショットの感覚だったのに、大幅ショート。最近、特にショートアイアンでのティーショットでは距離感が合わないことが多いのですが、ティーアップしないほうがいいように思いました。それでも52度でしっかり寄せてパーセーブ。

13番ロングホール。落としどころがとても狭く見えるため、固く打とうと思ったFW5でのティーショットは左へチョロ。。。U3でのショットもミスショット気味でしたが、右ラフへ。9番アイアンで刻んだショットはミスショットとなって、6番アイアンで再度距離のあるショットを打つことになりました。結局上がってみると、ダボ。

14番ミドルでは、再度FW5でティーショットを行い、きっちりフェアウェイキープ。残り150でしたが、上っていたことを考慮して6番アイアンでセカンドを打ちました。距離感はよかったのですが、少しこすってしまい、グリーン右手前のバンカーへ。左足下がりの難しライだったため、距離が出せずにバンカーを脱出できませんでした。バンカーの顎近くに止まってしまったので脱出第一で打ったのですが、脱出したものの、奥のバンカーへ。そこからグリーンセンターへ脱出して、2パットでトリ。流れが悪いです。

15番ミドル。ドライバーでのティーショットはラフに入ったのですが、十分狙える位置からの56度でのセカンド。ここでもダブり気味のミスショット。続く3rdショットも同様のミスをしてしまい、上がってみるとダボ。どうもウェッジでのショットが全体的にダフッて芝をめくってしまうミスが連発します。このころから、このコースは洋芝なのではないか、と疑い始めました。

16番ショートホール。PWでのショットはこれまた手前に大幅ショート。52度で寄せるものの、寄り切らずに2パットでボギー。

17番ミドルホールもドライバーショット自体は悪くなかったのですが、56度でのセカンドでまたもやフェアウェイをめくってしまうミス。上がってみるとボギー。

18番ミドルホールでは、FW3でのティーショットはフェアウェイ左のラフへ。好位置からの9番でのセカンドショットはグリーンをとらえたパー。

前半は48(17)というふがいない結果になりました。とにかくアプローチが全然だめ。

上がってみて、ゴルフ場の方に確認したところ、やっぱり洋芝でした。。。

アウトコースでのバックナイン。

1番ではこの日唯一の右へのティーショットのミスでOB。5番、52度できっちりののせてダボ。OBがもったいなかったです。

2番ミドルホール。ティーショットは完璧でしたが、PWでのセカンドがまたもや同様のミス。。。終わってみるとボギー。ティーショットがいいだけに、流れを作れないのがもどかしかったです。

3番ショートホールでは、PWでグリーンをとらえられませんでしたが、それでも56でしっかり寄せてパーセーブ。

4番ミドルは短めということもあって、ティーショトをU3で打ちました。バンカーに入ったところまでは確認できたように思ったのですが、その後ボールが見つからずロスト。。。不運なダボとなりました。

5番では4番でのアンラッキーを引きずってしまったのか、FW3でのティーショットをチョロ。その後U3でのセカンドを池へ。それでも52度での第4打をグリーンに乗せて、ワンパットで沈めてボギー。

6番ショートホール。9番でのティーショットは力んでしまい左へ大きく曲げてしまい、グリーン左手前のラフへ。ずーっと下っていたので、56度で浮かせて止めようと試みましたが、うまく止まらず、その後2パットでボギー。

7番ロングホール。ドライバーを少し右へ曲げてしまいましたが、十分打てる場所からのU3でのセカンド。PWでのサードショットがパットせず、56度で寄せて2パットのボギー。

8番はFW3でのティーショットは完璧でしたが、52度でのセカンドでぺろっと芝をめくるミス。その後56度での寄せも同様のミスを重ねてしまい、トリ。

9番最終ホール。開き直ってのティーショットは完璧で超ロングドライブで、フェアウェイ左をキープ。残り70ヤードでしたが、ここでも56度でのセカンドは芝をめくってしまいました。。。上がっているとボギ。

後半も48(15)となり、トータルでは96となりました。

洋芝とわかってからも対応できなかった自分の技未熟に反省です。

ゴルフダイジェスト・オンライン
posted by Serendipity at 22:54| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ゴルフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月01日

飛距離を向上、維持するために

昨日、ゴルフでご一緒した方が、「筋力は、トレーニングもしているので落ちていないはずだけど、やっぱり50を超えて飛距離が落ちた。たぶん柔軟性が落ちているからだと思う」といったことをおっしゃっておられました。

長年ゴルフをされていて、とても上手な方だけに、説得力のあるお話でした。

筋トレは意識をしてやっていますが、やっぱりそれだけではダメということがよくわかりました。

もちろん、ゴルフは飛距離だけではないのですが、飛距離が武器になることも事実です。

目の前のことだけでなく、長い期間を見据えて、トレーニングしたいと思います。





posted by Serendipity at 17:41| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ゴルフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2005ブルゴーニュ 2005ボルドー ルイ・ロデレール 日比谷花壇 フラワーギフト 花のあるギフトセット アフィリエイトならリンクシェア JAL日本航空 先得

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。