2014年08月28日

ゴルフデータ革命からの学び

ゴルフデータ革命(マーク・ブロディ著)を読みました。

稼いだ打数という概念を用いることにより、ラウンドにおいて重要なショットは何なのか、ということが非常に納得感のある形で理解できました。

私が今後のラウンドや練習に活かしたいと思った点をまとめました。

- パットについてPGAツアープロの距離別平均パット数を頭にいれておくと、外したからといって悔しがることではないパッとが沢山ある。
- ワーストボール方式で悪くなるスコアのほうがベストボール方式で良くなるスコアよりも大きい。ミスショットのほうがナイスショットよりスコアに与える影響がはるかに大きい。
- PGAツアーの上位40選手で、稼いだスコアのうちアプローチ(ミドルホールとロングホールのティーショットを除き、カップまで100ヤード以上の地点から打つすべてのショット)が40%、ティーショットが28%、ショートゲームが17%、パッティングが15%を占める。
=>150-200ヤードのショットをもう少し練習しよう!
- パットがまずいとスコアにならないが、ドライバーがまずいとプレーにならない。
- PGAツアーのパッティング数の基準値は29パット。
- 下りのパットではターゲットをカップのかなり先にすること。上りのラインではターゲットをカップの少し先にすること。
- パットの距離が長いほどターゲットをカップに近づける必要がある。
- 下りのパットは上りのパットよりかなり大きく切れる。
- 傾斜が急なグリーンのほうが水平に近いグリーンより大きく切れる。早いグリーンのほうが遅いグリーンより大きく切れる。
- 切れるパットを沈めるには、パットの頂点より上(外側)にターゲットラインを定める必要がある。頂点を狙うとアマチュアサイドに外れる。
- カップインの確率を高めるには、自分のファーストパットや同伴競技者のパットを見て、グリーンの傾斜と速さを学習すること。
- グリーンの読み間違いの影響が下りのほうが大きくなるため、下りのパットのほうが難しい。
- SGPに占める距離別のパットで見た場合、アマチュアにとって一番重要なパットの距離は4フィート(1.2メートル)。ショートパットは極めて重要である。


posted by Serendipity at 17:26| 千葉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ゴルフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月17日

富里ゴルフ倶楽部でプレーしてきました

昨日、久しぶりに富里ゴルフ倶楽部でラウンドしてきました。

Out StartでBlue Teaからのプレーとなりました。

1番368ヤード、Par4。ここは右へ行くとロストになりやすいホールだけにしっかりと捉まえたボールを打とうと思ったのですが、インパクトが緩んで右へ。それでも普通に打てるバンカー手前のラフで止まっていました。ちょうど150ヤードだったので、7番アイアンで狙ったのですが、それがラフに絡まって右へ。そこから上手く7番アイアンで転がして、グリーン手前の盛り上がった土手にワンクッションさせて、ピンに寄せることができました。当日から投入したナイキのメソッドコンセプトパターの打感もよく、2パットでなんとかボギー。ミスが2つ続いたので、ボギーはよくセーブできたと思います。

2番376ヤード、Par4。ドライバーはしっかり捕まったのですが、打ち出しが右へ出てしまったため、残り110ヤード地点の右ラフへ。そこからPで狙いましたが、ボールの下をくぐってしまいショート。ライの判断を誤りました。この場合は、下をくぐることを想定して、もっとクリーンに打ちに行くべきでした。反省。56度で寄せてましたが、寄り切らず、でもうまく2パットで沈めてボギー。

3番385ヤード、Par4。ドライバーはがっつり捕まったのですが、すこしひっかかり左へ。木に当たって普通に打てる130ヤード地点のラフへ。ただし、ピンが前だったのを計算に入れわすれていて、ピン右奥へ。これも残念な凡ミス。そこから56度で寄せて、2パットでボギー。

4番183ヤード、Par3。昨日のセッティングでは170ヤード弱でした。6番で打ったティーショットは会心ではなかったのですが、ピン右手前へ。いいパッティングでしたが、沈めきれず2パットでパー。

5番500ヤード、Par5。ドライバーは若干右でつま先上がりの傾斜にとまっていたので、安全に7番アイアンでレイアップ。そこから120ヤード強だったので、9番アイアンを短めにもってしっかり打ちましたが、フェースが開いてしまって右手前のバンカーへ。56度でのバンカーショットは厚めにとりすぎて、グリーンエッジまでしか出せませんでした。56度で寄せて2パットでボギー。3rdショットが悔やまれます。

6番365ヤード、Par4。安全にF3で打ったティーショットは左へまっすぐ抜けてしまい、左バンカーへ。右林の次に打ってはいけない方向になぜ。。。それでもしっかり出して、残り100ヤードを52度で狙いましたが、ショート。2パットでボギー。ぱりっとしないホールが続きした。

7番158ヤード、Par3。アゲインストでしたが7番でしっかりと打って、グリーン右手前へ。56度でOKに寄せてパー。ここは大きかったです。

8番558ヤード、Par5。ティーショットにミスが多いこのホールですが、会心の当たりでフェアウェイ右へ。2打目は若干迷ったのですが、F3で距離を稼ごうとアドレスしました。そのとき、なんだか左が気になったのですが、そのまま打ったところ、トップ気味に左へ。林の手前で止まっていたので、ラッキーでしたが、そこから5番アイアンでフックボールを打とうして、グリーン右の林へ一直線。この判断は明らかに誤りでした。第一に、ミスから助かったのだから、ミスを繰り返さない確実なショットでモードを立て直すべきだった、そして、5番アイアンでそんな見事なフックボールをいままで打ったことがない、、、ということ。木のしたからの難しいショットでしたが、5番で転がしてバンカー手前に止めることができて、56度で寄せて2パットでトリプルボギー。せっかく、Par3でパーを取って流れを戻したのに、残念でした。

9番415ヤード、Par4。ティーショットは大きく右へ曲がり、林の中へ。戻したものの、これは避けがたかったのですが、バンカーへ。残り200ヤードをU5でフェードを打って大成功で、グリーンにのせることができました。あかんかったのは、そこからのパッティング。1stパットを大きくオーバーしてしまい、3パットでダボ。

前半は47、18パットとなりました。内容としては大きく不満なのですが、8番のようは根本的なミス(悪いイメージをのこしたまま打ってしまう、一か八かのショットを打ってしまう)が出るあたり、まだまだということが理解できた、という意味ではいい経験でした。

スルーで臨んだIn Course。

10番375ヤード、Par4。ティーショットは、ドライバーのイメージが合わずに、左へまっすぐ抜けてしまい、池へ。池の手前から5番アイアンでグリーンを狙いましたが、狙いが不明確のまま、グリーン右手前の難しい斜面へ。ずっと練習してきた56度のロブっぽいアプローチでしっかり寄せて、2パットでボギー。ここは大きかったです。

11番340ヤード、Par4。F3でのティーショットは完璧で、フェアウェイ真ん中へ。110ヤードをPで狙いましたが、またもやフェースがインパクトで開いてしまい、グリーン右手前のバンカーへ。完全に目玉になっていましたが、うまく脱出できてピンに当たりそうになりながらも若干オーバー。グリーン奥からパターで寄せてボギーとできました。二つ苦しいホールをしのげたのは大きかったです。

12番192ヤード、Par3。この日のセッティングは160ヤード強でした。6番アイアンでのティーショットはいいあたりで、ピン手前10ヤードのところにオン。2パットでパー。2ホールしのいだ後だけに大きなパーでした。

13番493ヤード、Par5。いつもドライバーでティショットをするのですが、落としどころが狭く正面の森に突っ込んでしまうことが多いので、この日は初めてF3でティショットしました。結果は大正解で結果として2オンが狙える位置をキープできました。2ndもF3で狙いましたが、若干ミスショットとなってグリーン手前のバンカーへ。左足下がりで、かつバンカーのあごが邪魔になるという最悪のライでしたが、コックをうまくつかってかつ薄くとれたので、低く出たボールはスピンがきゅきゅっとかかって、ピン左1メートルへ。これを沈めてバーディ。このホールでのバーディは正直嬉しかったです。

14番417ヤード、Par4。ティーショットは右に曲がったものの、フェアウェイをキープ。残り200ヤードをU3で狙いましたが、明らかに力みすぎで110ヤード地点の左ラフへ。ここで止まっていてくれたのはラッキーでした。先ほどからラフからのショットでミスが続いていたので、下をくぐることを避けるために、ボールに直接しっかりとコンタクトをすることを心がけてショットしたところ、うまくてました。ピン手前1メートルにつけて、パーセーブ。これも大きかったです。パットも上りまっすぐといういいラインでしたが、簡単ではない距離なのでうまく沈めることができました。

15番343ヤード、Par4。F3でのティーショットはうまくフェードが打てたのですが、土手に当たって距離をロスして、ラフへ130ヤードを9番で狙って、グリーン左手前のカラーへ。PtでOKまで寄せてパー。いい流れになってきました。

16番181ヤード、Par3。少し待たされていろいろと考えてしまったということもあるのですが、ダフルのでは?という不安が頭をよぎって、いつもは行わないティーアップをして5番アイアンで打ちました。すると、トップで池へまっしぐら。。。ドロップエリアから56度で打ったものの、ショートして手前の顎の高いバンカーへ。このときオーバーを恐れてフェースを開いたのが失敗で、結果としてドロップエリアの長い芝の下をくぐってショートになりました。奥は受けていたので、オーバーでもいいと思ってしっかり打つべきでした。1打目のバンカーショットは厚くとりすぎて距離が出せずに、もとの位置へ戻ってきました。2打目はしっかり打って、グリーン奥へ。Ptで寄せてワンパットで沈めました。それでも、なんと7。これまでの貯金の大半を放出してしまいました。

何とか80台は維持したいと決めて臨んだ394ヤード、Par4。F3でのティーショットは力んだ結果、振り遅れてしまいスライス。それでも築山の間の平らなライに残っていて、残り140ヤード。8番アイアンで打ちましたが、距離感が合わずにグリーン手間へのフェアウェイへ。それでもしっかりそこから56度で寄せてOKのパー。

最終18番519ヤード、Par5。ドライバーでのティーショットは少し曲がってしまい、右林手間へ。木のしただったので、5番アイアンでのパンチショットでフェアウェイへ。ここで何を思ったか3本線のヤーデージ杭をみて、プラス10ヤードで残り260ヤード超と踏んで、池手前へ160ヤード打ってレイアップをしようとしました。100ヤード杭は池の手前20ヤード付近にあることを知っていたため、160ヤード打っても絶対に池に入らないと踏んでいました。あたり自体は薄くて少し右へいったこともあるのですが、池ポチャ。あれ、なんで???と頭にはてなマークが飛びまくっていただのですが、それもそのはず、残りは200ヤードだったのです。なんともしょーもない初歩的なミス。池のど真ん中を狙って打っていたことになります(涙)。それでもラテラルウォーターハザードなので、池を横切った点とピンを結んだ線の後方線で残り100ヤードになるところまで下がって(まさにここにレイアップしたつもりだったのですが)、52度で打って、ピン横1メートルへ。フックになる難しいラインでしたが、ワンパットで沈めてなんとかボギー。

後半は42、10パットとなり、合計89、28パットでした。ま、最低限度の目標は達成できたと思います。

技術的な課題よりも、考え方や事前の観察といった点に問題があることが理解できたという点においては、実りの多いラウンドでした。次回以降に必ず活かします!
posted by Serendipity at 11:12| 千葉 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | ゴルフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ナイキゴルフのメソッドコンセプトパター、素晴らしい!

ついに出会いました、ばっちりのパターに!

見た目が何と言ってもかっこいい、そして構えやすいです。どちらかというとインにテークバックするより、まっすぐもしくは少し外にテークバックしたい僕にとっては、ほんとに構えやすいです。

結果として、1メートルから1.5メートルが自信をもって打てるようになりました。

そして打感がいい。

結果として、ロングパットの距離感がばっちりあいました。

昨日の初ラウンドでは、後半10パットを実現しました。もちろん、寄せもよかったんですが、1メートル程度がスコスコ入った結果です。

次回のラウンドも楽しみになりました!

posted by Serendipity at 10:04| 千葉 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | ゴルフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月04日

バンカーショット:ちょっと気づいたこと

バンカーショット、決して苦手ではないのですが、ときどきラウンドで大たたきの原因となってしまいます。

練習量が落ちたときに、自信をもってスイングできないようになり、結果としてミスショットにつながっているように思います。

そんなときのパターンを思い出すと、やっぱり手打ちになっている気がします。その結果、フォローが大きくとれずに球が上がらない、インパクトが緩むといった症状が出ていると思います。

そう思って昨日、灼熱砂地獄(笑)のバンカー練習場でひたすらバンカーショットを改めて練習してみて、気づいたことは、

距離を調整するのはもちろん振り幅なのですが、テークバックの大きさにかかわらず、フォローは大きくとること!

インパクトの強さを調整しようとすると、どうしても手打ちになります。どの距離を打つにしても、インパクトを緩めることなく、しっかりとインパクトすることが大切だと思います。そして、フォローを大きくとることできちんと砂を飛ばすことができて、結果としてボールが浮きます。このとき大切なのが、体全体でフォロースイングを行うことです。その意味では、アプローチも全く同じだと気づきました。

この感覚を忘れないように、しっかり練習したいと思います。
posted by Serendipity at 15:04| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ゴルフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2005ブルゴーニュ 2005ボルドー ルイ・ロデレール 日比谷花壇 フラワーギフト 花のあるギフトセット アフィリエイトならリンクシェア JAL日本航空 先得

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。