2013年12月11日

Surface2(Windows8.1RT)を使ってみて気づいたこと

メインPCを修理に出したことをきっかけに、Surface2(Windows8.1RT)を投入しました。

その中で気づいたこと

1.Fumctionキー(F10など)がそのままでは使えない
通常のPCの使い方でのファンクションキーがそのままの状態では使えないことに気づきました。

僕の場合、Shift+F10で右クリックメニューを表示させるショートカットキーを多用していますが、これが使えなかったことがきっかけです。

これについては、Functionボタンと一緒に押すと使えることがわかりました。マイクロソフトのコミュニティサイトで質問したところ、すぐに回答いただけました。
ありがとうございました。

2.タッチパッドのスクロールが逆
これは今のPCの設定が全般的にそうなのかもしれませが、上にスクロールしたいときにはタッチパッドで下に動かさなければいけない、といった状態です。
これは左右でも同じです。

僕はやっぱり下に行くときは下に指を動かしたいので、困っていたら、これは設定で変更できました。

設定ボタン→右下の「PC設定の変更」→PCとデバイス→マウスとタッチパッド→「スクロールを逆にする」をオンにすればOK。

今後も気づいたことを投稿したいと思います。
posted by Serendipity at 09:55| 千葉 | Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン・ブログ・インターネット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
2005ブルゴーニュ 2005ボルドー ルイ・ロデレール 日比谷花壇 フラワーギフト 花のあるギフトセット アフィリエイトならリンクシェア JAL日本航空 先得